« 楽譜パート2 | トップページ | ジャンクション »

骨董市

今日は大変暖かく、風もない。久々の骨董市詣でをしました。M子さんと大和の駅前で待ち合わせ、さあ出陣、ところがM子さんは既に2点をゲットしていました。一つは煙草の火入れ、もう一つは何に使ったか分からない変な物を手にしていました。その内blogでアイデアーをご紹介下さる事でしょう。その後私はM子さんと同じく火入れと盆のセットを格安で買いました。「ふうの実」と言う植物も5個100円で手に入れました。これらは後日紹介いたします。

       1819

これは下駄スケートなる物です。買ってはいません。この写真を夫に見せたところ、子供の頃これで滑ったと懐かしそうに言っていました。(かなり古い人間ですね)

       1820

こちらは農具の鍬か鋤か分かりませんが柄の部分を板に打ち付け植物を飾ってありました。買いたい訳ではありませんが、こんな面白い、アイディアが生かされた物があります。この頃の骨董市は和服が多く出店されていて、主に女性が群がっており、物色して買っています。その結果でしょうか、それらを利用して、パンツスーツやジャケット、袋物など実に面白いデザインの洋服、持ち物を拝見します。骨董市は実に面白い、楽しい。

       1821

骨董市の風景。久々の陽気につられて、凄い人出でした。

       

« 楽譜パート2 | トップページ | ジャンクション »