« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

箱根

一年に一度、夫と孫娘の三人で箱根宮ノ下の冨士屋ホテルへ行きます。孫娘は何故かレトロの雰囲気が好きらしく、この冨士屋ホテルへ行く事が恒例になっています。と言う訳で、29日は午後1時頃出発しました。東名高速に入り、御殿場近くになった所で突然雪が降ってきました。最初は思いがけない雪に歓喜の声が出ていました。渋滞はひどくなり、やっとの思いでICをでてそこでホテルにTELを入れたのですが、乙女峠は雪で事故があり、積雪も多いと。出来るなら、湯本の冨士屋ホテルへ変更して下さいとのことです。取り敢えず遅い昼食をとり、改めて下りたばかりのICから大井松田まで行く事になりました。然し、ICへ入るのにまた渋滞。でも行くしかない。東名へ入ったら全く雪の心配はありませんでした。近いわりには長旅でした。

        1909

やっと着いたホテルでは、五月人形のお出迎え。

        1915

29日はゆっくり、温泉に入り寝ました。30日の様子は次回更新の時に。

       

真央ちゃんは凄い

おめでとうsign01真央ちゃん。オリンピック直後の大会、一息つく間もなく、ず~と練習を続けてきたのでしょうね。モチベーションを持ち続けるって素晴らしい。お見事sign03

       1902

昨日M子さんが沢山のポピーを届けて下さいました。ご主人様が丹精込めて作って下さったお花です。彼女のお庭はさながらポピー畑。先日も頂いたのですが、小さい孫たちは花冠を包み込む包と言うか萼なのか、それが落ちる様をじっと見て楽しんでいました。私も今日は見つめてみました。実に面白い。静かな音をさせ乍ら落ちていきます。春、春を運んでくる花の一つですね。

お花

お花の先生から頂いたお花を骨董市で手に入れた器に入れてみました。

       1901

これらの器は何を入れてもお似合いです。出番がいっぱいありそうです。

       1899

シクラメンのまえに鎮座ましましておりますのは、猫のポット。先日友人のNさんに頂戴しました。何ともユーモラスな猫ちゃん。可愛いですね。

またまたドラマの話ですが、収録してあった「シューシャインボーイ」を見ました。浅田次郎さんの原作ですが、とても泣かせるドラマでした。終戦直後の厳しい時代にあんなにも優しい人間関係があったのだと心温まる思いがしました。主人公役の西田敏行さんの歌う「ガード下の靴磨き」が何ともせつなく、胸に響きます。せつないと言えば、年齢のせいでしょうか、最近は得にせつない歌、メロディーが好きになりました。

お花のレッスン

今日のタイトルを始め、毎月同じ様なパターンの繰り返し。blogを初めて一年が過ぎました。なのに、相も変わらずの内容、全く進化せず。これからの一年に進化が現れるのでしょうか。

        1903

トライアンギュラーのデザインです。今日の花材は珍しい花が多くありました。緑色のラナンキュラス、黄色のオーニソガラム、白と赤のラナンキュラス咲きバラ。斑入りの葉はゴッドセフィーナ。皆さんとても素敵に仕上がりました。

昨日のblogの事ですが、少し付け加えたいと思います。ドラマ「蒼穹の昴」は日中合作です。でも日本の役者は二人だけ。主演の西太后に田中裕子さん。日本の新聞記者に小沢征悦さん。西太后役の田中さんはとても素晴らしい。私の頭の中の西太后にピッタリ。演技派ですね。

              

       

蒼穹の昴

NHKBShで放映されている「蒼穹の昴」は今見ているTVドラマの一押しです。毎回とても面白く見ていますが、20日(土)放送の中で梁文秀の結婚式の時、彼を慕うも成就出来なかったミセス・チャンの部屋でレコードから奏でられている曲がショパンの「ノクターン第一番変ロ短調Op9-1」でした。この曲は昨年のピアノの発表会で友人のH子さんが弾いたものでした。ドラマは清朝の最後の頃。画面に映っているレコードは円盤状の黒い物です。レコードが円盤状になったのはこの時代よりどれ程前だったのかしら?H子さんがとてもお上手に演奏なさった曲なので、ドラマでの出会いに感動したのです。

先日紹介しました「ジュニアエラ」の最新号に面白い記事が載っていました。どすこいしこ名あれこれ。明治時代「猪シ鍋吉」「三毛猫泣太郎」「電気燈光之助」と言う名の力士がいたらしい。電気燈は、髪が薄く髷も小さく、土俵に上がると頭がピッカピカに光っていたそうです。その他「一」(かずはじめ)「子」(えとがしら)「凸凹」(でこぼこ)「一二三山四五六」(ひふみやまよごろく)等々。しこ名を「四股名」と書くのは正しくない。もともとは「醜名」だった。以上記事のままです。因みに「ジュニアエラ」は小四の孫に読ませるために買っていますが、結構私も楽しく読んでいます。今日のblogは写真なしです。

散歩

トールペイントに使う板を買いにホームセンターまで歩いて行きました。この頃はよく歩きます。春、真っ只中のこの季節は歩き乍らのお庭拝見がとても楽しみです。今日も何軒かを拝見。

        1897

この店は美容院と床屋を同じ人が営んでいます。私はお世話になって事がありません。写真右手が美容院、左手が床屋。友人に聞いたところ、美容院で客相手をしていて床屋に客が来たら、ユニホームを着替えて、ドアを開け床屋へ入ってお仕事をするそうです。二刀流ですね。

        1898

        1899

お花を飾りやすく塀が作られています。車庫のシャッターの上にまでお花がいっぱい。

        1902    

        1901

この二枚はお隣のお宅です。お二方共お花大好き奥様。お互いに刺激しあってより素晴らしい花園が出来ているのです。どちらのお宅は何時みてもお花いっぱいの素敵なお庭。見ていてとても癒されます。でもお手入れは大変なのでしょうね。

今朝の雷はもの凄かったですね。夜中に何度も目を覚ましました。何と言っても音の凄さ、地震かと思う程の振動、加えて風、雨も強く久しぶりの怖い天候でした。案の定雨戸を開けると、植木鉢は倒れ、からのプラ鉢は飛んでいき庭は荒れ放題。それらを片付け、その後長男、次男の家族と公園へ出掛けました。高校生の孫は部活、夫は今年度自治会のお手伝いをするので、引き継ぎの仕事があり不参加。8人でのお出掛けとなりました。暖かく、好天気になり、将に公園日より。初めての公園「引地川親水公園」へ。小一時間いましたが、強風が吹き砂埃りに悩まされ致し方無く、引き上げて近くのファミレスで昼食をとり、同じく近くのスーパーマーケットの中の遊び場に場所替えをしました。

       1897

       1900

       1905

子供には公園がとても似合いますね。活き活きしています。今度はお花見に行きましょう。

       

3月の骨董市

暖かいのですが、朝から強い風が。でも今日は大和の骨董市、行かねばなるまい。と早朝からM子さん、Iさんの何時ものメンバーでいそいそと出掛けて行きました。暖かいので人の出が多く、お店の方々も張り切って、今日はオマケしちゃおおって大きな声が出ていました。ガラクタとは言え良い物が買えました。

       1972

       1973

こんな鉄の錆びた物もあります。上手く工夫して植木鉢を乗せたりしてディスプレイされています。

       1971

これです、以前から探していた水桶。昔の人は良い仕事をしていますね。しっかりした作りにほれぼれしました。中も外も漆が塗ってありますが、当然剥げているところはあります。とても良い色です。嬉しい見つけ物。

       1975

早速、庭のユキヤナギと水仙を挿してみました。

       1976

もう一つの買い物はホタルの火入れ。これにも、庭の花ニラとポピーを飾りました。二つとも大変安い買い物です。気に入った物を安く買うことの満足感は言葉に出来ません。一通り見終わって、パンを買うことになりました。骨董市の近くにある、美味しいパンさん。200円以上買うとコーヒーをサービスして頂けるのです。外の席でコーヒーを飲みながら、ゲット品の使い方談義で一服。これまた楽しいひととき。「4月が待ち遠しいわね」と別れました。

泣ける本

         1934

ここに書かれているとおり、涙なしには読めません。新聞でこの本を宣伝していまして是非買わなければと購入しました。先日横浜への車中で読もうと持って出掛けました。ところが、読み始めたら涙、涙これは駄目だと閉じてしまいました。ノンフィクションだけに胸にせまるものがあります。

         1967

こちらは兵隊さんの陶器の器。一番下の孫がやっとパパと言えるようになった頃、この兵隊さんを指さして「パパ、パパ」と言いました。ところが、三歳になった今も何故か「パパ、パパ」と指をさします。パパである次男は少し複雑な気持ち。隣の猫は随分前にトールペイントで描いたものです。

本屋さんへ

  三省堂へぶらりと行って来ました。

       1969

今日の買い物は雑誌のコーナーでは毎月購入する「ジュニアエラ」「hary_mi  春」「ナンプレ」の三冊です。以前にもblogに載せましたが「ジュニアエラ」は大人が見てもためになる。

       1968

駅前のロータリーに以前あった楽譜と同じ様ですが、これは、改めて植え替えをした新しい楽譜です。一週間程前に作業をしていたので、今度は何かなと楽しみにしていましたが、楽譜でした。色も殆ど同じですね。でもお洒落かしら?そう言えば、前はト音記号が葉牡丹でした。今回はパンジー。

                   

ショッピング

長男、次男、私たち夫婦の三家族での外出は何時もドライブ、旅行、公園などですが、今日は珍しくショッピングモールへ出掛けて行きました。大型電気店のYカメラへ。長男はそこで少しの買い物を。ランチはファミレスで銘々好きな物を注文。その後は町田のGアウトレット。子供達はレゴのお店で暫く遊び、幼稚園児はレゴを買ってもらいました。スーパーで食料を買い、あちらこちらのお店を覗き結局大した物を買わずに帰途につきました。こんな些細な事でもみんなで一緒という事は楽しいと小さい幸せを感じる私たち。

       1965

小四の孫がやりたいとロッククライミング擬きを見に行きましたが、三歳の孫が一緒にやりたいと大騒ぎ、これは大変とそうそうに退散。このお嬢さんは他所のお子さん。

       1966

アウトレット用品のお店の前には可愛い(?)熊の親子が。

飾り付け

孫娘のピアノの先生のお宅では、季節毎の飾りつけが素敵です。1月はお正月の飾り、2月は節分。3月はお雛様。孫の付き添いで毎週お邪魔しています。その都度写真を撮っています。そして昨日はお雛様は片付けられ、早くもイースターの設えでした。

       1961

リース状の花器にはお庭のお花が生けられていました。その中に色とりどりの卵。写真には写っていませんが、両脇にはエッグアートの卵が2個。

       1964

お教室の片隅には草月流のお花が、私は生け花を習った事はありません。でも作品は度々見る機会がありました。その時、剣山は見えていたと記憶していますが、最近は剣山を隠すようになっているようです。

       1962

玄関の脇に鳥の置物、その横にはガラスの器がぶら下がっており、中にはチューリップが生けられています。

       1963

鉢の人形が「ようこそ!」と出迎えてくれます。

              

ヒスイカズラ

ピアノ仲間のH子さんが新聞の切り抜きを見せて下さいました。小田原フラワーガーデンのドーム温室内で、フィリッピン原産の珍しい花「ヒスイカズラ」が見ごろになった。と言う記事でした。今日は好天気でしたので、早速出掛けて行きました。暖かい温室の中には洋蘭をはじめ、それは多種多様の花、果実がありました。

       1940

これがヒスイカズラ、一つの花は5~6㎝位。

       1954

中央の屋根の様なツル状の木にぶら下がっています。

       1939

温室の窓に這っているブーゲンビリア

       1951

直径15㎝程のなす科の「ラッパバナ」

       1959

       1958

ご存知、マンゴーとバナナ。食べられるのかしら?まだまだ沢山の花、果実がありました。小田原市は太っ腹、65歳以上は入場無料。

骨董市での買い物

        1935

2月の骨董市で買った物2点です。器は火入れの鉢。庭で咲いたクリスマスローズを挿してみました。この器は何を入れてもしっくり似合います。この手の火入れは幾つあっても使い道が多く、良いですね。暫く購入が続きそう。器の周りにある物は、「ふうの実」と言います。この植物は「紅葉葉楓」(もみじばふう)と言いまして「まんさく」の仲間で、もともと台湾、中国の植物であった物が日本にやって来たもの。樹の高さは大きく20mにもなるそうです。今回は5ヶしか買わなかったのですが、今度リースでも作ってみようと思います。沢山買わなければ。今回は火入れとこの「ふうの実」を合わせて600円。骨董市とは言うものの、私の買い物はこの程度のもの。高価の物は買いません。可愛い値段が好き。因みに器にはお盆がついています。(お得)

お花のレッスン

今日も寒い一日でした。お花のレッスンでNさん宅へ行きました。月一のレッスン日はレッスンよりも会ってお喋りをするのが楽しみ。今日もレッスンの後はお楽しみランチ。何時もは外食ですが、お料理上手のNさん、あり合わせと言いつつ見事なお料理をご馳走して下さいました。

       1928

       1927

テーブルに置くデザイン。四方見でどこからみても美しいデザインです。

       1933

お料理の数々。今日のために買った物は何一つないそうです。蕪は家庭菜園で取れた物との事でとても甘く、新鮮その物。本当に美味しかったです。ご馳走様でした。

       

事故

我が家は角地。車の衝突事故が非常に多い。片方には停止線があります、でも停止しない車は多々、その上反対車線を走る車のスピードも凄い。昨日の事故は家にいて地震でもと言う程の振動と音。勿論全員が飛び出しました。二台とも大破、両方の車には子供が乗っていました。一歳位の女の子、別の車には三歳の男の子。お互いのママは驚きで呆然。この後は現場検証で警察の人が来たりで子供たちが可哀想と思い二人を我が家で預かる事にしました。申し出を快く承諾してくれたので、家で遊ばせました。良い子たちで温和しく玩具で遊んでいました。孫娘はここぞとばかりお姉さんを発揮していました。車は車載車とレッカー車で運ばれ、警察の人もパトカーも帰り、ご両親が迎えに来ました。若いご両親は両方とも穏やかに別れ、何故か私はホッとしました。我が家の塀も直してくれるとの事。一件落着。事故の度に思うのですが、現場を人が歩いていなくて良かったと。

       1924

       1923

写真は変わりまして、右手にあるのはアンチョビソース。これを野菜につけて頂くとなんとも美味しい。先日トールのレッスンの折り、先生のM子さんがアンチョビを下さったので作ってみました。M子さんから教えて頂いた通りに作りました。アンチョビを潰し、にんにくは細かく刻みオリーブオイルと一緒に火にかけました。実に美味です。

リサイタル

今日は孫娘のピアノのリサイタル。(と言っても孫一人だけの発表会)観客はママと私の二人。

       1919

曲目「ハッピーバースデイ」は今年はショパンの生誕200年と言う事でショパンさんへのお祝いの曲です。メインの曲は「エリーゼのために」プログラムには生誕地ポーランドの国旗が描いてあります。ショパンは紫色が好きだったそうです。また、スミレも大好きだったのですって。

       1920

スミレのサイドテーブル。孫は「エリーゼのために」をとても上手に弾いていました。子供の上達の早さにはついて行けない私の切なさ。この曲は4月のコンサートで弾く事になっています。あと一ヶ月、これから猛特訓でしょう。頑張れKさん。

ハーデンベルギア

昨年、茅ヶ崎の友人宅へお邪魔した時、お庭に咲いていた花を近くで見て、驚きました。どうしても欲しくなり買った店を聞き帰り道なので、早速買いました。国道1号を挟んで海側は地植えで良い、山側は霜の降りないない所でとのアドヴァイスでした。友人宅は海側、我が家は山側。昨年の11月頃でしたかしら、買ったのは。もう咲きました。

        1908

胡蝶蘭みたいでしょ!

        1909

全体はこんな感じです。その名は「ハーデンベルギア」  ピンクと白を買ったのですが、咲いたら2鉢とも白でした。

話は変わりますが、運転免許証の書き換えをするため、警察へ行って来ました。今回からICカードになりました。手続きがとても簡単でして、タッチパネルを2~3箇所触るだけで申請書はOK。その後、視力検査、写真撮影、講習を30分でその場で新しい免許証を貰いました。また、本籍地の記載はなくなり、それは写真の下にチップが入っているそうです。免許を取得して46年と6ヶ月、運良く無事故無違反です。本当に運良くです。

        

訂正致します

タイトル「コンサート」の記事を一分訂正させて頂きます。文中「アメリカ公園」と書きましたが「アメリカ山公園」でした。ごめんなさい。謝謝shock

コンサート

今日はTVのニュースでは暖かいと言う事でしたが、それ程でもなかったような。横浜山手のイギリス館でのコンサートでした。米田まりさん出演。彼女は芸大出身で最初はシャンソン歌手でしたが、この頃はジャズ、カンツォーネなど色々のジャンルの歌を歌っています。兎に角上手。

       1914

コンサートの前の腹ごしらえに中華街へ行きました。何と大きい虎の張り子がおわしました。以前には無かったのですが、寅年だからでしょうか。良く行くお店の「牡蠣のすーららーめん」を食べに。冬期限定のラーメンです。牡蠣が沢山入っていて、辛くて酸っぱいラーメンです。美味しいです。

       1915

地下鉄みなとみらい線の終点「元町、中華街」駅からエレベーターで屋上に出るとそこはアメリカ公園。古くはアメリカ公使の住まいだったようですが、その後2004年横浜市が取得してアメリカ公園が出来たようです。新しいので綺麗ですが、狭い公園です。ここから徒歩6~7分でイギリス館に到着。以前に比べるととても楽に行く事が出来るようになりました。

       1917

外人墓地を脇目に歩き、ゲーテ館の前を通って。

       1916

イギリス館に着きました。コンサートは「アンデルセン文化事業団」主催です。この団体は良い音楽を安い料金で広めています。でも近年の不況で開催が危ぶまれているそうです。この灯を絶やさないよう今後も沢山のコンサートに参加したいと思っています。

お花

        1911

庭には目下クリスマスローズが花盛り。一分をカットしてミリオンバンブーを入れてある花瓶に同居させました。その下部に並ぶ小さい花たちはこれからトイレに飾られるのです。何時だったかblogに載せましたミリオンバンブーを私はミラクルバンブーと書いていたそうです。今日ピアノのレッスンの時、師匠にその時の事を指摘されました。ごめんなさい。間違いでした。ミリオンバンブーです。

        1912

        1910

これはクリスマスローズのこぼれ種で生えてきた物です。可哀想に植木鉢とパーゴラの柱の間で窮屈そうに、然も可憐に咲いています。狭いので移植のしようもありません。

誕生会

昨日曜日は一番下の孫娘のお誕生会を全員集合でしました。横浜のレストランで食事を(ランチ)とり、食後は私以外は全員27日に開通した東名海老名IC~厚木ICまでドライブをした様です。私は横浜高島屋へ買い物に。孫娘は2月の中旬が誕生日ですのでかなり遅れたお祝いの会です。でも彼女は日にちの事など分からないので大丈夫。家に戻って改めてケーキでお祝いをしました。

        1903

ケーキは小さくて、ショートケーキを追加しました。3歳です。

        1904

またまた、垂れ幕。これが玄関入るとすぐ目の前に垂れ下がっています。そこへ大きい孫娘が紙吹雪を二階からパラパラと、これがまた素晴らしい。プレゼントを貰って大喜び。この後は夕食と大人はシャンパンで祝杯をあげ、お開きとなりましたpresentbirthday

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »