« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

お花のレッスン

今日は教えて頂くお花のレッスン日。朝からとても寒い雨が降っていました。教室は歩けば5~6分の所ですが、雨も降っているし、作品を二つも持ち帰るので、車で行きました。生徒は11人。同じ花材で形も決まっているのに、出来上がりは11人個性が出て11とおりの作品になります。

        1974_2

        1975_2

花材はポンポンマム、ガーベラ、カーネーション、スプレーカーネーション、バラ、スプレーバラ、宿根スイトピー、クレマチス、レザーファンの9種類です。小さいお花が飛び散っているのがクレマチス。こんなに可愛いクレマチスは初めて見ました。今日のデザインはオーバル。正面から見てオーバルですが、私は上からみてもオーバルになるよう仕上げました。お花を詰めて挿すのはとても難しい。今日もまた楽しいレッスンでした。

ランチ

昨日はあんなに暖かかったのに、今日は打って変わって寒い雨。雨が降ろうが、槍が降ろうがピアノのレッスンは欠かせません。すたこらさっさ、横浜へ。今日はレッスンの後、お洒落なイタリアンが待っている。行って来ました。所は「モンテカティーニ」

       1970

       1971

       1972

       1973

お庭がとても素敵です。色々のお花が咲き乱れていました。ランチはパスタかピザを選んで前菜は頂き放題。前菜の一品、ゴボウのフライが実に美味しい。何度お変わりした事か。勿論コーヒーも。4人で行きましたので、ピザ、パスタを4皿違った物を注文し、シェアして頂きました。お値段もとてもリーズナブル。たまにはランチも良いですね。ピアノも頑張らねば。でも難しい。

誕生会

今日は4月のお誕生会。夫、次男の妻、孫娘、長男の妻(彼女は5月ですが仲間にと言うので)それにインコのチーちゃん。この頃は大人は子供にくっつけてお祝いをします。少し淋しいな。まあ皆の意見でしてやむを得ません。

        1990

恒例垂れ幕。何時も制作者は孫娘ですが、今月は自身の誕生会ですので、昨晩、夫、長男の妻、私の三人で密かに書きました。可愛く書くのはなかなか大変。一生懸命何時もの雰囲気に近づけて書きました。孫娘へのプレゼントはローラースケート(両親から)本三冊(次男夫婦から)垂れ幕の上の方に書かれてあるLEDのデスクスタンド(私たち夫婦から)欲しい物ばかりで、大喜びでした。

       1989

何時も次男の妻が作ってくれるバースデイケーキ。この頃は孫たちが手伝いをしたがります。今日もスプンジは次男の妻が、飾りつけは三人のチビたち。沢山の手がかかっていると思うと美味しさもひとしお。

       1992

チーちゃんをご紹介します。ご主人様(孫娘)からのプレゼントの手作りの縫いぐるみのチーちゃん二世と一緒にカメラの前で。

       1993

今日の食事は先日M子さんからアイディアを頂いた品を作ったつもりですが、器が少し大きく、思った物とは全く違いました。本当は器の一番下にご飯を入れ、次に鮭のフレーク、ご飯、炒り卵、ご飯、きぬさや、ウインナーとショウガの漬け物をのせました。ご飯を三層にしたかったのですが、器が大きすぎて、とても食べきれないようなので省略。M子さん、ごめんなさいね。上手に出来なくて。後の写真は既に食べ始めてからの物です。少し量が減っています。

       1994

筑前煮

       1995

三種の春巻き

       1996

小蕪とラディッシュのサラダ

       1997

次男の妻が用意してくれた鶏の唐揚げ。盛りつけが下手な私、お料理をblogで紹介するのはとても嫌なんですの。でも総勢10人で頂く食事は大した物でなくとも美味しいです。あとはデザートを頂き散会。明日は学校、会社へ行く若い子供、孫の皆さんご苦労様でした。四月のお誕生日の方々次のお誕生日まで健康でご機嫌な日々をお過ごし下さいね。

講演会

今日は新松田まで講演会を聞きに行きました。これは少し存じ上げている眼科の先生の開院21周年記念式典です。友人のKさんにお誘い頂いて参加しました。以前この先生が県立足柄病院の眼科医長をされていた頃、義父が二回に分けて白内障の手術をして頂きました。その後松田で二カ所の眼科医院を開院された凄い女性です。二つの医院合わせて職員が何と52人。21年を経てこの度ご子息に院長、理事長をお譲りになりました。勿論今後は医師として手術、診察は続けると仰っていました。もの凄いお仕事をなさっていますが、とても穏やかな、美しいお声の素敵な女性です。

      1986

座長として、先ずはご挨拶をなさいました、安藤展代先生。

      1987

パンフレットです。三浦雄一郎さんはご存知プロスキーヤー。75歳にして2度目のエベレスト登頂を果たされました。並々ならぬ健康管理による身体強化をされています。とても感動的な冒険談をお聞きしました。もう一人の坪田一男先生は眼科医であり、最先端のアンチエイジング医学を学び研究に従事されています。お話の間中、笑顔を絶やさず、分かり易い内容でした。講演のテーマ「老けるな」「生きがい」のとおり、明るく、楽しい人生を。と言う事です。私はこう見えても、結構毎日が楽しいと思い乍ら過ごしているつもりです。参加者は会場いっぱいで、盛会でした。因みにご主人様は整形外科医、3人のお子様は全員眼科医だそうです。

      

今日はまた寒い雨rain編み物やパズルをゆっくりと楽しみ乍らたまっているTVの収録番組を見ました。(私は乍ら族)TVの前に置いてある小さい観葉植物に目が留まりパチリcamera

       1983

これは名前は失念しました。お正月に友人宅へお邪魔した際、直ぐに着くからと言って奥様が大きなサボテンからポキポキと折って下さった物です。もう三ヶ月半は経過しているにもかかわらず、挿したままの大きさ、然もしょぼくれてきました。死んでいるわけでもなく、もう少し期待して見守りたいと思います。

       1984

これは先日「ナチュラルキッチン」で買ったミニガジュマル。一人前に幹が二つに分かれています。木が100円、鉢が100円、受け皿が100円。締めて300円。どうぞ枯れないで下さい。

グリーンセンター

今日は久々にグリーンセンターへお野菜を買いに行きました。農協直営のここグリーンセンターは取れたて野菜が安いお値段で買うことが出来ます。良い品を安価で買えるのに、ついつい他の物を買うついでにスーパーマーケットで野菜も買っていましたが、一念発起(少し大袈裟かな?)夫、次男の妻を誘って。

        1981

今、巷ではキャベツはかなりの高値。ここでは200円、そう言えば昨日高島屋では350円でした。春キャベツは美味しいので沢山食べすぐ無くなります。

        1980

朝取りタケノコもお安い。一本買って、お夕飯にタケノコご飯、若竹の味噌汁。

季節外れに買う水煮とは違い堀たての物はとても美味しい。

        1979

私が呼んで「海老名の春」スイトピーはもうお終いかと思いましたが、未だ沢山並んでいました。「海老名の春」はもう一つイチゴがあります。こちらもそろそろお終いになります。この時期はジャム用のイチゴが安く買えます。

        1982

こんなに見事なボタンの植木もありました。持ちきれない程のお野菜を買って、少し得した気分。

    

お花のレッスン

今日は月一のレッスン日。

       1978

オレンジ系のお花でのアレンジメント。今日はフリーホーム。これはKさんの作品です。左側にお玄関のドアがあります。ドアを開けた時に見た事を想定して左から右にかけて高くなるようにデザインされています。オレンジ系の色は春らしく明るい作品になっています。桜の話になり、お仲間の方が先週東北地方へお花見に行ったけど、未だ未だ蕾が堅く咲くのは何時になるかしら。と言っていました。お一人の方は明日から同じく東北地方へお花見にと言っていましたが、残念乍ら駄目でしょうね。お気の毒。こればかりは早くに予定が立てられなく困った事です。でも他の事でいっぱい楽しんで来て欲しいものです。

潮干狩り

早朝から二階の住人は潮干狩りに出掛けました。私も誘われたのですが、早朝は苦手なので、ゆっくり電車で現地に行きました。場所は八景島の「海の公園」今日はとても暖かな良いお天気。海日和sun

       1971

       1972

「新杉田」のホームから見えるこの緑の向こうに次男の勤務する会社があります。JRの「新杉田」からシーサイドラインに乗り換えて、「海の公園南口」で下車。車中にもバケツと潮干狩りグッズを持った乗客が何人かいました。シーサイドラインは無人運転です。

       1975

凄い人出です。混雑には付き物の迷子のアナウンスが何回も。親も夢中になってアサリを掘っています。行ったものの私は見物するのみ。

       1977

今日の収穫。やったねhappy01

系図

今朝寝室の片付けをしていたら「系図」なる物が出てきました。これは夫の従弟が以前に見つけて届けてくれた物です。その従弟はこういう事が好きな人のようです。

        Photo

元をたどれば一代目が本家三代目より分家を受け、ここから本家になったそうです。義父が七代目、即ち夫は八代目になるのです。私は歴史に疎く知らなかったのですが、昔は名字が無かったのですね。途中「苗字帯刀」を賜ったそうです。郷里に帰ると我が家の本家の上に総本家なる家があります。分家を賜る前の本家が総本家になるのでしょうね。ややこしい事です。この系図を興味深く見ていた孫娘は「お兄ちゃんは十代目だって事だ」因みにこの系図義父の兄弟までしか書かれていません。孫はこの続きは私が書くと言っています。頼もしい事です。私は別ですが、息子、孫はこの大勢の先祖あっての人間なのです。ご先祖さまは大切にしなければいけませんね。

ロシアの土産話

孫のピアノのレッスンにお供しました。月初めにコンサートを終え、その後一週間はレッスンはお休み。今日は久しぶりのレッスン日。お休みの間、先生はご主人様とロシアへ行かれたそうです。直前にテロ事件があり、心配はあったけど、何ら不都合は無かったそうです。土産話を沢山聞き行きたくなりました。先生のお宅のロシアを撮してまいりました。

       1984

       1985

色々のマトリョーシカが勢揃い。鳥さんもいます。

       1990

こちらは多分行く前に揃えた資料だと思います。

       1991

生徒へのお土産。チョコレートです。私まで頂いてしまいました。とても美味しかったです。ロシア語で「こんにちわ」は「ズドラーストヴィチェ」ですって。私は久しく海外へ出掛けていません。お話を伺うと行きたくなりますね。前回のblogで陶器の小物を買ったくだりで、迂闊にも「カバ」を「スワン」などと書いていました。「バカ」ですね、私って。

       

トイレ

我が家のトイレの花は、自前で済みます。花器と言うか入れ物が全部小さいので一輪あれば十分なのです。目下庭には色々の花が沢山咲き始めました。

                 1981

                 1983

                 1980

お馴染み100円ショップ「ナチュラルキッチン」で買った小さい陶器の置物。今回買った物は白鳥と大きな口を開けたスワン。相変わらず近くへ行くと寄らずにはいられない「ナチュキチ」

        1982

玄関ドアの飾りはカーネーション。

        1979

玄関脇にある給湯器を隠すつもりで置いた植木。余り隠れていませんね。

女優さん

友人のお嬢さんで女優さんがいます。彼女の名前は赤間麻里子さん。その麻里子ちゃんが今晩の2時間エンタメ「捜し屋・諸星光介が走る」彼女は無名塾出身の実力派、ご主人の高川裕也さんも同じ無名塾出身。彼は今、「カンブリア宮殿」のナレーションをやっています。低音の渋いとても素敵なお声。麻里子ちゃんはドラマの中で風間トオルさんの奥さん役だそうです。3人のお子さんのママもやっています。女優さんは日々の勉強、努力が大切。ブログを拝見しますと、お母様である私の友人の協力も多大なものと推察されます。子育ての間は充電期間かTVであまり拝見の機会がありませんが、これからはドンドン出演の機会がありますでしょう。期待しています。以前NHKで放映されていた「アリーmyラブ」のネレボターの吹き替えもやっていました。ブログによりますとこの番組の同窓会があったとか。大勢の方が見て下さると良いのですが。

桜もそろそろ終わりのようですね。そこでブログのテンプレートを変えてみました。

トールペイント

先日、月二のトールペイントのレッスンに行って来ました。何時もの様に、手よりも口の方が活発に動く生徒二人。前回の作品は先生のお墨付きを頂き、後はニスを塗って仕上がり。玄関脇に飾る予定です。また、紹介させて頂きます。

       1975

左が参照して描く本。左はボードに下書きをして塗っていきます。何時完成するのかしら?最近はこの絵の様に、面白く、楽しい絵が良くなりました。

散歩

またまたサボっていました。何かと忙しい週でしたのでと言い訳をしましょう。今日はとても暖かく穏やかな日でした。長男家族と我々夫婦の6人で近隣のスーパーマーケットまで散歩に出かけました。行きはよいよい帰りは怖いです。(何時もの事乍ら)散歩の途中の写真です。

       1969

       1982

途中の可愛い神社二つ。

       1978

       1979

       1980

       1981

       1984

これらもまた可愛い空き地に咲く春の雑草。

       1971

       1972

       1973

       1974

       1976

以上、「城山のこみち」にある木々。今、我が家は散歩に魅せられています。然し、行きはよいよい帰りは怖いで、買い物をしたり、暗くなってきたりと帰るのには一苦労しています。全く計算が出来ていません。困ったものだ。

       

      

ランチ

今日はいつもお世話になっている友人の祝お誕生日。朝から寒い雨が降っています。郊外のレストランへお誘いしました。「アマンダンヒルズ」此所は土日は結婚式をするレストラン。平日のランチのみの営業です。郊外ですのでとても静かな雰囲気が素敵restaurant

       1990

レンズ豆の入った器にグリッシーニとゴマのクッキーらしき物が、お豆は生ですから頂けません。

       1991

カリフラワーのプリン。

       1992

初鰹とゴボウのムース添え。

       1999

デザートはグレープフルーツの上にグレープフルーツの何だったかが載っています。お料理の一部をご紹介しました。

       1996

これを持って写真を撮ると言いましたら、嫌と宣う、ならば私は一人で帰る。(私の運転)結果渋々、撮影に成功。でもblogには載せられません。

       2003

こんな素敵なピアノが。

       2002

お店の方に伺いましたが、名前が分かりませんでした。雫がとても可愛いのでパチリcamera優雅な楽しい一日でした。

修理終了

        1966

先日の交通事故で壊れた外構の修理が終わりました。新しいレンガなので古い部分との差が歴然としています。全部がやり直せると良いのですが、保険でやる事なので、そうもいかず残念です。大きく壊れたのは二回目です。でも壊れたのがこれで済んだと言う事は幸いでした。此所に人が居たらと思うとぞっとします。住宅街での運転は慎重にしなければ。この事故ではエアバックが作動しました。私は初めて見ました。

桜満開のコンサート

今日は孫のピアノのコンサート。海老名から秦野までの道中、右を向いても左を向いても桜、桜、桜。会場に着いたら、また桜。宴たけなわのグループも多々あり。

       1967

       1965

プログラムです。

       1971

こちらは緞帳。

       1982

参加者全員の集合写真。皆さん可愛いドレスを着て嬉しそう。お姉さんたちは学校の制服姿が多かったです。男の子たちはアニメの曲が多いのは今時ですね。因みに孫は「エリーゼのために」を演奏しました。皆さん、去年よりとてもお上手でした。好天気に恵まれて、撮影は外でした。

       

昨日、今日二日続きの強い風。昨日は暖かく、春の生温い風でした。受診のため、横浜の聖マリアンナ病院へ出掛けて行きました。M子さんからの情報で「追分の森」の菜の花が見事だから見てくるようにと。たまたまそこは病院の隣りの公園、行かねばなるまい。早めに家を出て、診察前に見てきました。

      1970

      1973

菜の花がいっぱいhappy01全長如何ほどか分かりませんが、ず~と河の如くに曲がりくねって咲いています。こんなにも菜の花の香りをたっぷり頂いたのは初めて。来年は近くの道路の橋の上から眺めたいと思いました。

      1984

      1983

自然が沢山あるここでは、色々の植物が新しい芽を生き生きと現しています。

      1986

キブシでしょうか、渋い黄緑色の花が下がっていました。

      1987

勿論、桜も満開cherryblossom

      1988

こんな桜も。大木にへばり付く様に花をほころばせていました。この後診察を終え、駅まで歩く道すがら桜のトンネルを楽しみました。トンネルを抜けるたびに残念に思うのですが、道路の真ん中に立たないと、その素晴らしさを写真に残せない事を。桜も予報を聞くや否や、あっと言う間に散っていきます。散り方ですが、桜は儚さを感じます。また、椿は潔さを教えてくれます。儚さ、潔さどちらも好きです。

昨日の続き

そう言えば、前日の夜温泉に入った時、孫が丸い月が出ていると喜んでいました。昼間はあんなに雪に悩まされたのに、夜には月夜になるなんて。

       1926

ホテルの側に川が流れています。湯本の商店街までお土産の「温泉まんじゅう」を買いに行きました。こんな鳥が一羽佇んでいました。

チェックアウトの後、車で5~6分程の所に「生命の星・地球博物館」があります。そこで目一杯遊んで帰宅しました。

       1929

2.5トンの鉄です。大きいいん石です。

       1936

アンモナイトの化石の壁。この他に大木、海サソリの化石や柱状節理なる六角形の巨大石など珍しい石の類が展示されています。

       1947

ヴァイオリン虫

       1943

       1942

木の葉蝶。まるで葉っぱですね。

       1954

ジャンボブック。ここのコーナーにはこんなに大きい本が何冊かあり、博物館所蔵の標本をコレクション、テーマなどに項目分けをして、巨大な本にみたてた「実物百科事典」です。

       1961

展示室の一部を上から見た写真です。この博物館は自然の素晴らしさ、不思議さを沢山集めた実に楽しい館です。子供達に人気があるのか、団体で大勢訪れていました。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »