« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

花菜ガーデン

平塚に3月オープンした県立公園、花菜ガーデン(かなガーデン)へ行って来ました。朝方寒いと思いましたが、車に乗っているうちにとても暑くなりました。先週に行った方が平日にも関わらずとても混んでいたと言っていましたが、今日は空いていました。65歳以上は300円と格安。チケットを求めて入場するといきなり、以前ご一緒でした「KAZ」カルチャースクールの面々にお会いしました。ウォーキングで此所に来たとの事。久々の再会に暫しの時間ではありましたが、とても嬉しかったです。

       2148

       2157

       2176

       2166

       2175

今を盛りのお花多々、これから咲くお花これまた多々。バラ、クレマチスは最高の時。百合の種類もとても多く、見頃はこれから。

       2187

レタスの色々。即ち花と菜の公園です。今度は孫を連れて行ってみたいです。

       2201

此所のショップで囲碁好きの夫はこんなお饅頭を買いました。

運動会

最近は運動会を春行う幼稚園、学校が多くなりました。我が家の孫も昨日雨で延期になった運動会が、薄曇りの寒い今日開催されました。早朝6時に決行の連絡があり(孫のママから)寒いので防寒具の用意をと。甘く見た私はバカだった。実に寒い一日でした。園児たちは半袖の体操着で頑張っていました。年長組の孫は昨年に比べ、とても積極的にプログラムをこなしていました。

      2101

競技の始めは年少組の鈴わり。みごとに割れました。

      2105

      2113

バルーンは力を合わせて大きくしたり、ペッタンコにしたり、最後は全員が中に入りバルーンを外したら中で綺麗にポーズをとった子供たちがいました。我が家の子供たちの頃はこんなの無かったなあ。

      2124

親子競技はパパの背中で大きな木に花を咲かせる競技でした。

      2142

マスゲームではボンボンを手に星形になってり、丸くなったりと流石年長組を発揮しました。子供たちは出ずっぱりで席に着く間は全くありませんでした。小さい園児をここまで育てる保育士の先生は偉い。感動しました。

      2135

因みにこの園にはこの様な男性の保育士さんが数人います。やはり活気があり良いですね。(ご免なさい、お顔を出してしまいました)年少組の園児は未だあどけなく、可愛い。年中組の園児は少し幼稚園にも馴れ落ち着いています。年長組の園児はすっかり、お兄さん、お姉さんで逞しい。寒い中でも楽しい一日でした。

更新サボリ気味のこの頃

恥ずかしいタイトル。今日は幼稚園児の孫の運動会の予定でしたが、生憎の雨天で明日に延期。お弁当のお手伝いをと張り切っていましたが残念。昨日はトールペイントのレッスン日。おしゃべりが多く中々絵の方は捗りません。そうは言っても少しは色が増えています。仲間のIさんがバッグを持って来て下さいました。先日の骨董市で安価な帯を数個買い、洋裁のプロのIさんが作って下さいました。

       2098

帯地で作った物です。惚れ惚れします。

       2099

リバーシブルで作ってあり、これが裏側。黒色のこの帯の地模様が表地とマッチした可愛い花柄。アクセントがとても素敵、大島紬などの布であしらってあります。もう一つあるそうです。因みに持ち手は帯締めです。何たってプロのIさんの仕立ては最高bag

お花のレッスン

今日は教えて頂くレッスン日。

       2105

フォーマルリニアールと言うデザインです。私は初めてのデザインでした。花の形と線を組み合わせて静と動、面と線の対比を強く表現します。用いる花材の種類を少なく、空間を多くとってコントラストや緊張感を出すようにとのアドヴァイスでした。花材はギガンジュウム、アンスリュウム、サンダーソニア、デンファレ、バラ、手鞠草、ニュウサイラン、ドラセナ、レザーファンです。出来上がりはパッとしませんでしたが、先生の魔法の手によって、素敵に変身。

ポンペイ展

ポンペイ展を見に行って来ました。約2000年前に一昼夜にして火山の大噴火によって、灰に埋もれてしまったポンペイ。18世紀になり発掘調査が始まり、古代都市ポンペイと周辺の地区の在りし日の姿が明らかになってきました。発掘された品々からその頃の人々の生活様式が伝わってきます。日本で言えば、弥生時代。銀食器を始めガラス、青銅の器。大理石の彫刻、壁画(フレスコ画)等など250点が公開されています。驚いたのは浴槽と給湯システム、なんと追いだきも出来、床下暖房もあったのです。兎に角お金持ちが住んでいたのです。夜な夜なの宴の席では、豪華なお料理の載ったテーブルの周りに長椅子を数個置き、食べては吐き、吐いては食べと言う怠惰な暮らしぶりはいったい何だったのかしら?戦争で負けた人々は奴隷になり、仕えたのですね。酷い事には足かせを付けられていたのです。それにしても弥生時代にあちらの国では進んだ文化があったのです。

       2104

       2103

       2096

横浜美術館 

       2097

面白いオブジェ

       2101

靄に煙るランドマークタワー

       2102

ランドマークとクインズスクエアーの間にあるオブジェ。遠い彼の地の栄枯盛衰に思いを馳せて帰途に着きました。

散歩

真夏日と言う今日、駅まで散歩に出掛けました。二階のママを誘っての散歩。以前から我が家で問題になっている、家の前の交差点。兎に角事故の多発地点。改善は何処へ言えば良いのか判らず、取り敢えず警察の「市民生活相談室」なる所へ行きました。担当の係員の方に話しましたところ、そう言う問題は取り締まり、標識に関しては警察。道路の管理に関しては市役所とのこと。色々なアドヴァイスを頂き、結局は市役所の「市民相談室」へ行く事になりました。丁度市役所も近くにあるので、その足で行きました。「早速その場所へ行き、確認して一番良い方法で解決しましょう。」と良い返事を頂きました。警察の方も市役所の方もとても親切に対応して下さいました。これで一安心。

      2093

      2094

駅までの遊歩道の緑と水がとても美しかったです。気分良く歩いていたからでしょうか。

      2095

駅前の三省堂にて、何時ものジュニアエラを買い、動物好きの孫に「犬部」も買いました。北里大学獣医学部のお話のようです。帰途も歩きの予定でしたが、余りの暑さにめげてバスに乗りました。

骨董品

最近は骨董市に行くことが楽しみの一つになりました。昔は全く興味がありませんでしたが、トールペイントの先生M子さんの骨董品の面白い使い方を見せて頂くようになってから、少しずつ魅せられる様になりました。しかし、M子さんのお宅はトータルにそれが似合うようになっています。加えてあしらいにセンスがおありです。変な物を買ってもあしらい一つでとても素晴らしい物になります。私は取って付けたような品ばかり。M子さんの骨董品を紹介させて頂きます。

      2046

ご一緒させて頂いた時の買い物。売っている方も何に使用したかご存じない品です。器を載せてお花をあしらうと白い壁にピッタリで本当に素敵なのです。

      2048

これは京都の東寺の骨董市で買われた電気の傘。大正時代の物らしいです。可愛いですね。

      2045

この桶はず~と探していらした物です。渋いところが良いです。

      2047

      2049

      2044

時計も幾つかお持ちです。一番下は左二つは新しい物。右のアイロンは古いですね。これからも教えて頂き乍ら古い物を楽しみたいと思います。

散歩

散歩日和につられて出掛けました。午前の早くはグリーンセンターへお野菜の買い物。家に戻りすぐ二階のママを誘い芝桜を見に行きました。場所は二駅先の「相武台下」JRの単線の駅です。海老名駅では電車が出たばかり、約25分待ちました。ドアの開け閉めはボタンを押します。車窓からの眺めは田園。たった二駅先なのに不思議な光景。

       2047

長閑な駅ですね。

       2051

田植えの準備

       2057

       2062

       2077

       2080

大好きな野バラ。もっと、もっと沢山の雑草を写真を写しました。

       2075

目的の芝桜はお終いでした。先日のツツジといい咲き終わりばかり。

       2073

       2074

たった二駅しか離れていないのに、本当に長閑な癒される散歩です。

       2084

綺麗な相模川の流れです。

       2088

この写真は何かと言いますと、禁漁区の上を歩いて写真を撮りました。年甲斐もなく、ここから私は飛び降りました。水には落ちなかったのですが、残念乍ら両膝で着地して、膝頭を擦りむきました。(笑って下さい)駅から随分歩きました。帰りもまた電車が行ってしまいました。でもこんなにもゆったりとした散歩は久々で、駅のベンチに座って電車を待つのも全く苦になりませんでした。近隣にこんな所があるのなら、開発しなければ。楽しい一日でした。

       

       

今日のトイレの花。小さい器はとてもよろしいです。何と言っても狭い庭に咲く少しの花でトイレが明るくなります。

       2039

左から河原ナデシコ、アイビーとフランネルフラワー(ちょっと見にくいですが中央の白い花)、ラベンダー、イキシャ、手前がアイビーゼラニュウム。

       2042

フランンルフラワー。今、気に入っている花です。未だ未だお花は沢山咲いてきます。

骨董市

今日も良い天気sunこの所好天気続きで嬉しい。第三土曜日、骨董市の日です。相変わらず、M子さん、Iさんと三人で出掛けました。途中、昨日久々にお会いしたYさんも参加。お天気が良いせいか大勢の人出です。今日は余り良い品が無く、でも帯の類を沢山買ってきました。あとは此所へ来ている人をウォッチング。

      2039

      2043

この方は仲間のIさんの後ろ姿。ロングベストはテーブルクロスで作ったそうです。背中のアクセントは櫛。ストラップだったのでしょうか、穴が一つだったのでもう一つ開けて留めつけたそうです。勿論バッグもお手作り。彼女は洋裁のプロ。

      2041

      2040

赤い傘が素敵ですね。これも手作り。

      2045

      2047

      2048

色々の工夫がされています。多分これらは全部骨董市で買った和服、旗等などです。 もっと紹介したい写真があります。でも切りがない。

      2049

      2050

上のバッグはM子さんの帯で作ったリバーシブルの物です。みんなこんなバッグが欲しくて下の写真のような黒(色があせて見えますが黒です)や柄物の帯を沢山買いました。勿論作り手はプロのIさんにお願いしました。買い物の後は200円以上のパンを買うとサービスになるコーヒーで骨董談義。

    

ツツジの公園

お天気は良いものの肌寒い一日。今日はトールの仲間とのランチデー。ご家庭の事情で暫くお休みしていた方、同じくご家庭の事情で時々お休みしていた方と何時ものメンバー3人の計5人でランチにレストランへ。食事の前に近くにあるツツジの美しい公園へ行きました。今年は春から寒い日が続きツツジも開花が遅れているだろうと思ったのですが、種類によっては既に終わっている物もありました。

       2031

       2030

       2023

52000株のツツジがあるそうです。

       2040

レストラン入り口のお花

       2041

テーブルのお花

       2036

4月にも一度訪れたレストラン。今真っ盛りの新緑の森の中にあります。この辺りは学園研究都市と名付けられている場所で、企業の研究機関、学校が多くあります。近くの住宅街も緑が沢山。久々の5人の再会、美味しいランチを頂き乍ら楽しい話で盛り上がりました。その後、先生の別荘と呼ばれているマンションに流れ美味しい緑茶を頂いて解散。楽しい一日でした。

       

お花

今朝、M子さんが沢山のきぬさやと庭のお花を届けて下さいました。度々、家庭菜園のお野菜を届けて下さいます。何と言っても無農薬、新鮮でとても美味しいのです。必ず孫たちにもお裾分けをします。二人のママは大喜び。頂く方は嬉しく、有り難い事ですが、作る方は先ず、タネを蒔く準備に始まり、間引き、虫取り、草取り収穫までには多々なる手間と時間がかかります。それなのに私は良いとこどり。誠に申し訳ないと常に思っています。お花は早速、以前骨董市で買った黒塗りの手桶に入れてみました。

       2038

花材はモッコウバラ、河原ナデシコ、スイトピー、白とピンクのマーガレット。

       2040

こちらは同じ花材で小さい器に飾ってみました。この器は午後、夫の元同僚が新百合ヶ丘で作品展をやっているとの事で出掛けて買って来ました。穴が見えますか?小さい穴が5個あいています。そこにお花を入れる様になっています。中々のアイディアだと思います。

昨日、ピアノのレッスンの帰りに「そごう」でランチをとり、駅へ向かう途中のポルタを通り掛かると恒例の「丸善」書店の本のバーゲンをやっていました。友人と別れ暫し物色して5冊購入しました。孫の本4冊、私の本1冊。決して古本ではありません。なのに半額よりももっと安いのです。もっと欲しい本があったのですが、その前にお豆を2kg、バターも3個と重い物を持っていたのでそれ以上は買えませんでした。

       2036

昨夏は布草履を使用して大変重宝しました。今年は自分で編んでみようと作り方の本を買いました。写っていない2冊はすでに孫が持って行ってしまいました。

       2037

一番下の孫です。今日はお兄ちゃんがヤマハのレッスンの日なので、私が子守り。一人遊びが大好きです。今日もテーブルの下で幼稚園ゴッコです。声色を変えて黄色の幼稚園バスから降りた園児の会話。ゴッコ遊びの時は口出しせず、そっと聞き耳を立てています。

またしてもお花のレッスン

今日もまたレッスン日。午前中Kさん宅でレッスンをさせて頂きまた。

       2028

写真では判りにくいですが、リース型の器を使用しました。Kさんの作品です。彼女の小学生のお孫さんの家庭訪問で先生が午後いらっしゃるとの事。玄関に 飾って先生をお迎えするのでしょうね。リース型が少し判りかねます。レッスンの後は何時ものランチタイム。近くの中華料理店へ行きました。割安のランチの後はNさん宅でティータイム。ガーデニングがとてもお好きで、お庭はお花いっぱいで素敵です。折角ですのに、写真撮影を忘れてしまいました。残念。

       2031

階段に並べられた作品。残ったお花を真ん中に入れていますが、一番下の作品でリース型がお判りですね。

盛り沢山の一日

今日はblogネタで言えば盛り沢山の一日でした。絵画展をみに銀座松屋へ異色の3人で行きました。長男と友人のAさんとご一緒でした。この組み合わせはフラワーデザインスクールで仲良くして頂いたお若い友人Kさんがご主人様の転勤でシドニーに在住されていた頃に、厚かましくも3人でお邪魔してお世話になった事がありました。そのKさんがフィンランドの画家の個展の受付をなさっていると聞きつけ馳せ参じた訳です。言わば同窓会みたいな。シドニーへ行ったのは約20年前。それ以来初めてのお目もじでした。

       Photo

パレットナイフを使っての絵です。強いタッチ、レース模様のような繊細なタッチ、絵は色と昔から言われていますが美しい色でそれは素晴らしい作品の数々でした。ソイレさんはとてもパワフルな女性で日本での個展も18回以上との事。オフロードカーでフィンランドからイタリアまでも行ってしまう方です。お話もとても楽しい素敵な女性。明日はフィンランド大使がいらっしゃるとの事。本当に素晴らしい作品を見せて頂きました。Kさんには久々にお会い出来てとても嬉しいひとときでした。

       2025

こちらはソイレさんの隣りのブースで個展を開催していた藤井蓮さんの作品。ちぎり絵ですが、よく見るちぎり絵は和紙を使用した物ですが、この方は洋紙を染めて使用した物です。これは「琉金」金魚、椿、鶏頭、蛙、等々を題材にしていました。こちらも素晴らしい作品でした。今日は沢山の良い絵に出会えて幸せでした。

       2015

銀座松屋では丁度ミッフィー展も開催されていました。

       2019

6人(?)のうさぎさんには名前があるようです。クッキーです。

       2020

松屋限定の一筆箋。書くのが勿体ないようですね。これらは孫へのお土産。

       2024

夜に来客がありました。以前隣りに住んでいたTちゃんでした。今日は母の日でしたので彼女がプレゼントを届けて下さったのでした。何時も隣りのお母さんにとお花を届けて頂いています。ヴァイオリンの器にプリザーブドフラワーをアレンジした物です。彼女はフルートのプロです。秋にはコンサートがあるそうでとても楽しみです。朝から夜までハッピーな一日でした。

サービスエリア

夫と次男の妻が自治会の役を受けていて、今日はその集まり。残りの次男の家族が我が家へ来ました。長男夫婦は息子の学校へ懇談会があると言って外出。残り者の5人は散歩に行く事に意見が一致。このところ海老名サービスエリアの事がTVで放映される機会が多いのです。では今日の散歩はそこへ行こうと歩き始めました。小さい子連れなのでゆっくり歩いて目的地を目指しました。

       1999

途中「リサイクルプラザ」へ寄って一休み。ここは家庭で不用になった家具等を回収して使用可能な物は丁寧に修理し、安価で売っています。残念乍ら写真を撮らなかったのですが、実に良い品が沢山ありました。作業場では職人さんが一生懸命に家具を生き返らせていました。暫くながめた後、目的地に向かい歩き始めました。

       2006

       2007

海老名サービスエリア売り上げ第一位のご存知メロンパン。5年生の孫娘の手と比べてみました。とても大きいですね。彼女ペロリと食べてしまいました。中をご覧下さい。とても美味しそうでしょう。一口頂きましたが美味しかったです。

      2005

判りにくいかもしれませんが、これも人気ナンバー?の鯵の唐揚げ。私も一匹食べましたがサクサクと頭から頂けました。連休明けのせいかしら、土曜日なのにエリア内は比較的空いていました。イベントは「緑の基金」と言う団体の方がクイズを出していまして、子供3人はヒントの用紙を見ながら、回答を記入して提出しました。そして景品を貰って大喜び。「森に一言を」のコーナーでは一筆書いて、またお土産を貰っていました。エリアは歩いても行ける距離なのでまた行ってみたいと思いました。      

       

リベンジ

何にリベンジかと申しますと、4月のお誕生会の時、M子さんに教えて頂いた食事のアイディアの事です。あの時は器選びにミスがあり失敗でした。今日の出来はまあまあかしら?彼女ときたら、子供の頃から空想家だったそうで、次から次にいろんな事を考えて実践しています。例えば、最近子供の日にはお夕飯に出したお食事が、少し前から、柏餅を頂く度に皮である葉を洗って保存し、当日その葉にグリンピースご飯を軽く握り包んだ物でした。お子さんがいなくても、祝いたい日と言う事でこんなふざけた事をして楽しんでいるようです。ご主人様には大受けだったようです。本当に楽しい方です。次はどんなハプニングを考えているのかしら?

       1996

孫娘が私にもと持参したイッテラのカップに入れました。大喜びで二階へ駆け上がって行きました。

       1997

こちらは私たちの物。内容は大した物でなく、あり合わせです。今度留守をする時には夫に昼食に作っていこうかしら。因みにこの器は100円ショップのカップです。中味は兎も角目先が変わるとひと味違って良い物です。

       

今日もまた通院

月一で横浜の病院へ通っています。この横浜の病院へ通う事で去年から急に病院通いの回数が増えました。三ツ境の駅から徒歩で15分弱の所です。雨が降らない限りは往復とも歩きます。行きは予約時間が決まっているので、脇目もふらずに歩きます。予約時間とは言え、待つこと2時間はかかります。仕方がありません。

       1993

       1994

       1995

帰り道ではツツジが綺麗に咲いていました。これは車道との境に咲いています。家々のお庭を拝見しては、綺麗なお花を楽しんだり、玄関先の設えを楽しんだりして明るい通院をしています。(覗きですね)

       1992

帰宅して、先日種を蒔いたラディッシュを収穫しました。お夕飯の一品。立派とは言えませんが、結構美味しく頂きました。   

黄金週間

ゴールデンウイークも今日で最後。これは漢字で書くとピンときませんね。私たち年金生活者は何時でもゴールデンウイークですが、子供たちに合わせていると、何故か忙しい。昨日は全員でBBQをしました。こう言う時って男性群が俄然張り切って働きます。(多分どこの家でも)下ごしらえは手伝うものの、後はご馳走になっているのです。今日も暑くて良い天気。ゴミ袋4個をいっぱいにすると、結構疲れる。

        1995

        1996

玄関先のピンクのマーガレットは北側の玄関を明るくしてくれます。

        1994

昨年紹介した、自転車の車輪に赤のペンキを塗ってアイビーを絡ませました物ですが、しっかり車輪いっぱいにアイビーだらけになりました。

        1992

モッコウバラの白です。3メートル程の高さに丸く咲くよう仕立てたのですが、カットの仕方が下手でした。今度こそはキチンと丸く咲かせてみましょう。庭の水まきを終えて家に入りました。

駅まで散歩

昼食後駅まで散歩に出掛けました。カシミアの半袖セーターを着て行きましたが、途中から暑いの何のって大変でした。駅まで散歩の行き方は色々あります。

       1986

先日まで桜が綺麗に咲いていました。左に某ホテルがあり、お掃除も行き届いています。車も側を通っていないので大変歩きやすい。これからの写真はこの道の雰囲気を紹介します。

       1985

先ず目に付いたのは大根の花。

       1987

睡蓮鉢には金魚が二匹。水面には桜の葉が映っています。

       1990

ミニチュアの池には橋が架かり、赤い柵も。

       1991

これも面白いですね。古い電話が備え付けてあります。公衆電話かしら?この道は地域の方々が自由にお花を植えたり、小さい池を作ったり、季節に合わせて飾りつけをして楽しまれています。そして見る私たちも楽しませて頂いています。駅に着く前に何時もお買い物をする、デパートに寄りました。何だか今日は凄い人出、それもそのはず、聞こえてきました。「そんなの関係ない、オッパピー」の声。芸人が来ての人集り。blogネタにとカメラをおもむろに出しましたが、とても撮せる状況にありませんでした。お店の方の話では朝8時頃から集まり始めたとか。そんなに人気があるのかと驚きました。少しの買い物をしてバスにて帰宅。

       

好天気につき庭に出ました

今日は朝から暑いくらいの好天気。連休の初日。家族がゾロゾロと庭に出始めました。遅れをとってはならじと私も庭へ。先ずはお隣さんがお留守なので水まきをし乍ら、素敵なお庭を拝見。そして猫の額よりも小さい我が家の庭へ。

       1984

忘れな草が満開。

       1981

M子さんから頂いた金魚草がこれまた満開。一緒に頂いたポピーは間もなくお終い。また、河原ナデシコはもうすぐ沢山の花が咲きます。

       1982

卯の花も満開。

       1983

       1979

夫が庭へ出たのはお隣との間のフェンスの修理。一つ出来上がり、あと一つはペンキを乾燥させている最中です。長男と孫は苗床を作ったり、学校から持ち帰りの種を蒔いたり。

       1976

こちらは近所のお宅でして、藤の花が高い植木に自由奔放開花させています。二階の屋根にはアイビーが絡まって風情があります。

       1977

家に入って一枚パチリcameraこのシクラメンは去年の年末のピアノの発表会の時頂いた物です。咲くわ、咲くわとても良く咲いてくれました。さすがに花数が少なくなり間もなくお終いですね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »