« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

コンサート

今日は台風が近づくとの情報があるにも関わらず、私は「みなとみらいホール」へ。実は、友人がチケットを下さいました。ピアノの師匠も受講生に頂いたと言う事でご一緒させて頂きました。会場へ着くまでどんなコンサートか分からずに・・・。然も会場は小ホールでもなく、大ホールでもないレセプションルームという所です。それは楽屋口から入って行くのです。定員50名の小さなホール。「癒しのコンサート」~音楽と風景を楽しむ~海の見える会場で、秋の夕暮れから夜までのひとときを、どこかで聴いたことのある心地よい調べでリラックスしてお過ごしいただくコンサートです。うつりゆく景色とともに癒しの音楽をお楽しみください。とプログラムに書かれていました。メンバーはフルート、オーボエ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、ビオラの奏者。皆さん若くて初々しいと思ったら、何と全員桐朋学園大学音楽部の2年生。エルガーの「愛の挨拶」で始まりました。確かに心地よい音色の中でうっとりしました。でも外は雨空、師匠曰わく「雪景色のよう」夜景は雨を通してイルミネーションが美しかったかな?休憩の時にはドリンクが提供されました。ワインを飲む方、ジュース、ハーブティーを頂く方が三々五々語らいの時間を楽しんでいました。

      2524

      2523

折角の夜景も雨でぼやけています。台風もこの辺は逸れたようでして、帰りも難なく帰宅出来ました。でもJRでは運休、間引き運転があったようです。

茅ヶ崎

トール仲間、計4人で久しぶりに茅ヶ崎へ行って来ました。茅ヶ崎にはトールペイントの大先生(彼女はトールの全国組織の会長さんです)がお住まいです。先生の御自宅のショップを隈無く見て、それぞれ好きな物を買いました(とてもリーズナブルなお品が多い)その後は例の如くランチ。

       2505

ランチの前にお庭を見せて頂きました。「アロニエ」の実です。初めて見ました。赤い実ですが、とても可愛い実です。お花は白色だそうです。

      2506

お庭が広い通りに面しているので、時々花泥棒に合うようです。変わった植物が多いので、つい出来心で悪い行為をしてしまうのでしょう。昔の花泥棒は庭先からはみ出ている花をちょっと失礼する事が多かったと思いますが、昨今のそれは植木鉢ごと持って行ってしまうようです。悲しいですね。

      2508

      2509

さすが先生の作品は素晴らしい!

      2510

ランチは好きなだけ盛りつける1プレート、但し一回だけです。その他、スープ、ドリンク、パン、ご飯等はお変わり自由。プレートの料理は野菜ばかりでヘルシーでお味もとても良かったです。ジャム、ゼリーも手作りで美味しく、ご飯は五穀米でこれもまた大変美味しく頂きました。これで1050円はお得。茅ヶ崎へは時々行きますが、雑貨屋さんが沢山あって、雑貨好きにはたまりません。大先生のお店も必見。帰途、車中ではまた行きたいわね。と声を揃えて言います。

      2511

お店の看板がとても可愛く、ついパチリcamera

なんて寒い雨なんでしょう

昨日に続き、今日も寒いですね。大好きな秋をたっぷりと楽しみたかったのに、秋はあっという間通り過ぎていきました。でも寒い季節も好きです。来年小学校に入学する孫の身体検査があり、全てに問題なしとの事。当たり前かもしれませんが、嬉しいです。親も子も初めてのステップにわくわく、どきどきしているのでしょう。

       2503

昨日のフラワーデザイン教室の作品です。器の中にオアシスとフラワーアシストを入れてのアレンジメント。テトラ、ゴールデンキャスケード等珍しい花材を使用しました。

ヴォイスのグループの発表会

今日もまた寒い一日でした。ピアノレッスンの後、以前のカルチャースクールの仲間たちの発表会にピアノの師匠と出かけました。回を重ねる毎に皆さんお上手になられて、素晴らしいコンサートでした。コーラス、弾き語り(ピアノ)、独唱と楽しいひとときでした。最後に全員で「今日の日はさようなら」を歌いました。

      2501

先生の素敵な歌が終わったところ。チャーミングな女性です。

            2500

横浜の和菓子のお店のパッケージ。右は師匠に頂いた栗のお菓子が入っています。秋らしいですね。未だ頂いていませんが多分美味しいでしょう。左は通常の紙袋です。この店の黒豆茶がとても美味しく注文しました。

庭の様子

毎年この時期気になる事があります。それは庭に置いてある蘭類の処遇。少ししかないのに、家の中には入れる場所がなく、いつもせめて軒下と思い軒下へ移動させていました。先日ホームセンターへ行きましたら、安価なフレーム温室がありました。少々御粗末な品ですが、この冬を過ごせればと買って来ました。

       2499

早速組み立てて鉢を入れました。本当に少ないですね。でも家には入らないのです。下には「なめくじにげにげ」を敷きました。これが結構効果があるんです。

       2476

昔は沢山咲いていた愁明菊ですが、20年近くも全く咲く事がありませんでした。ところが、給湯器(外)の近くでこぢんまりと咲いていました。今まで邪険にしていましたが急に愛おしくなりました。

コンサート

曇天の寒い一日でした。夜には雨が強く降ってきました。今日は幼稚園児の孫のコンサートでした。と言っても、発表会ですね。ヤマハ音楽教室の「ようじかコンサート」小学1年生、年長児の年齢の子供たちが参加します。4人のクラスでして、先ずはエレクトーン3台、ピアノ1台のアンサンブル。曲名は「のはらでおどろよ」続いて「ドラムだ!!ドラネコ!!」の歌。 

      2486

演奏は途中タンバリンを叩き乍ら。 

      2492

ドラネコは頭に猫の耳。お尻にはシッポを付けて歌いました。ママの手作りです。歌の合間には後ろを向いてお尻を振ります。シッポが揺れてとても可愛いのです。小さいながらも初めての舞台、一生懸命演じていました。最後には1人づつほんの少しのエレクトーン演奏がありました。「上がっちゃった」と言いながらも初めての体験、嬉しそうでした。良くやりました。

      2484

会場のある駅のショッピングセンターにはまたもやハロウィン。左端の大きなカボチャの重量を当てるクイズをやっていました。応募券を頂いたので出してみようかな?

      

体操

体操の世界選手権がオランダで行われました。二日間夜中にTVにかじり付いて見ました。内村航平が昨年に続き2連覇を達成。お見事!もう1日見なければいけないのです。

       2477

       2479

孫娘がどうしてもblogに書くようにと言うのです。「じゃがりこ」と書かれていなければ、野沢菜の漬け物の袋です。

       2482

       2483

ピントが外れています。上は夕陽。下は月。どちらも同じ時刻に撮しました。勿論、西と東。月は撮した途端に雲に隠れてしまいました。

ハロウィンリサイタル

孫娘のハロウィンリサイタル。ピアノの先生は年に3回「お雛様リサイタル」「七夕リサイテル」「クリスマスリサイタル」をして下さいます。でも今年はご都合悪く「七夕リサイタル」が出来ず「ハロウィンリサイタル」をやる事に。客は私とママの二人。

       2471

プログラムはデザイン賞が頂きたいがために可なり派手に描きました。会場(レッスン室)はハロウィンの飾りがいっぱい。殆どが孫の作品。こう言う時はピアノの練習よりも制作に張り切ってしまうのです。

       2475

髪飾りは勿論ハロウィングッズです。「人形の夢と目覚め」は上手に弾けました。

       

       

       

寒い雨

2週に一度の注射を打ちに横浜の病院へ行きました。この病院へ行く日は何故か雨が降る。夏の間も近隣の公園へヒマワリを撮しに行こうと思い乍らも何時も猛暑だったり、雨が降っていたり。今日もそろそろコスモスの頃なので、注射の後にその公園へ行く予定がまた駄目でした。仕方がないので、病院の庭の木を撮してきました。この病院は横浜とは思えない程、緑の豊かな地にあります。庭も手入れの行き届き美しいです。

       2467

       2468

       2469

最後のコスモスは海老名駅前ロータリーです。植えて間もないのでまだ淋しいですね。

昨日の続き

みなとみらいの旅の二日目。

       2439

朝食は「なだ万」の和定食。美味しく頂きました。食後は12時チェックアウトと言う事で、ゆっくり海を眺めて過ごしました。「みなとぶらりチケット」で港の見える丘公園までバスで行きました。

       2447

バスは「赤い靴号」

       2456

       2463

順不同になりましたが、ホテルのハロウィンのディスプレイです。豪華ですね。

       2443

11月にみなとみらい地域で行われるAPECのため、警察の車がとても目につきます。今や横浜の各駅には応援に来る県外の警官が、横浜を知るために研修に大勢来ています。因みに私たちの宿泊したホテルに米国大統領オバマさんが泊まるそうです。

       2453

       2455

イギリス館付近の花ばな。

       2464

大佛次郎記念館。

       2465

港の見える丘公園から観たマリンタワーとインターコンチネンタルホテル。山手にてゆっくりして、ランチは中華街「菜香新館」にて頂きました。そしてこの旅は終わりとして、帰宅の途につきました。楽しい二日間でした。

みなとみらいへの旅

先ずは昨日の記事を。お花の仲間6人で旅に出ました。と言っても、極近かの横浜です。みなとみらいのインターコンチネンタルホテルに一泊。横浜へお昼頃到着、石川町の和食の店に予約を入れてありました。以前にも行ったお店です。私以外の方々は初めてでして、どのお料理も手が込んでいて、美味しいと言って下さいました。料理上手のNさんは、素材の使い方に無駄が無く、その精神に感心していました。食後は元町をブラリと店店を覗いてお洋服を買う方、スリッパを買う方、靴下を買う方。試着のみの方も。

       2457

日曜日の元町にしては人が少ないようです。この後はホテルへチェックイン。少しおしゃべりをして、夕食はホテルの直ぐ側の「ぷかり橋」にある「ぴぁ21」へ行きカジュアルな洋食を頂きました。

       2462

夜の「ぴぁ21」桟橋に浮いているレストランは行き交う船が近づくと揺れます。お酒は頂いていない私ですが、酔っ払いそう。

       2442

朝ホテルの窓から撮した「ぴぁ21」

       2445

こらは絵はがきです。お部屋はコネクティングルームを一対とツィンを一部屋取りました。6人の話は夜遅くまで続きました。取り敢えず一日目でお終いにします。

骨董市

毎月楽しみにしている骨董市。今日もゲット品に恵まれ幸せ。

       2423

Iさんの装い。近くに居た方の目に留まり「自分でお縫いになったのですか?」と。最近彼女は骨董ルックでいらっしゃる事が多く、一緒に居る私たちは少し鼻が高い。

       2430

この方々も面白いお召し物に変身しています。後ろの方にも絣の生地で作られた方と、もう一人の方のワンピースはスカートの部分が縮緬のようです。このブースでは「蔓うめもどき」の実が良く売れていました。

       2438

今日の私のゲット品。小ぶりのアイロンです。

       2431

先日頂いた「岩しゃじん」を手桶に入れてみました。

       2422

大文字草は火熨斗に飾りました。

       2435

アイロンには「岩しゃじん」を素朴に入れました。このアイロンは2千円の定価にも関わらず千円まで値下げ。交渉は勿論M子さんのお役目。来月が待ち遠しい。

       

       

ギターの弾き語り

今日も慌ただしい一日でした。朝一番に歯医者へ定期検査。月に一度の診察で特に悪いところはないとの事。でもね、掃除が結構痛いのです。昼食をとり、午後からは近くの文化会館へギター演奏を聴きに行きました。

        2418

        2421

弾き語りの合間にギター演奏を組み込んだプログラム。弾き語りは「シクラメンのかおり」「ワインレッドの心」「夢一夜」等々ギター演奏は「ベサメ・ムーチョ」「ジャニーギター」「ビーナス」等々良く知っている曲ばかりで楽しかったです。最後に全員で「青春時代」を歌ってお終い。帰宅の後は孫娘のピアノレッスンの送り迎えであっという間の一日でした。

山野草

今日はとっても嬉しい日でした。と言いますのは、M子さんから沢山の山野草を頂いたからです。

       2415

白とブルーの岩しゃじん。

       2416

大文字草の数種。

       2417

ズームアップしますと大文字草の意味が良く分かりますね。今日は取り敢えず集めて撮影しました。今度は骨董市で買った器に入れてご紹介致します。本当に素晴らしい日でした。昨年も頂いて、「1年限りよ」と言われてましたが、大文字草はささやか乍ら一年中咲いていました。(少し自慢)

リサイタル

実は、昨日スポーツ・レクリェーションの後、リサイタルに行きました。夫共々好きな小椋佳さんのリサイタルです。「歌談の会」和み、励み、挑みが心に広がる歌と語らい。御年66歳とか、癒される声、歌、語りで開場の皆さん、とても満足気でした。兎に角、運動でクタクタの私、居眠りするのではないかと気が気でなかったのですが、とんでも御座いません。居眠りする間もなく、楽しむ事が出来ました。TVでしか観ることのなかった実際の小椋さんは素敵でした。

       Photo

パンフレットですので、歪な写真でご免なさい。

体育の日

11日は体育の日。「スポーツ・レクリエーションフェスティバル」に参加するため、午前7時45分に家を出ました。目的は{えびな玉入れ選手権}に出場。この競技は大人気で、一組6人のチームが193組参加との事。ファミリー、ジュニア、一般、女子等の各部門に分かれ戦います。我が家はファミリー部門で3歳、6歳、11歳、パパ一人、ママ二人の構成です。

       2376

6人が先ずは玉を井桁の様に重ねて準備します。

       2377

合図で塊になった玉を篭に入れます。幼稚園や小学校の運動会の篭とは全く異なり随分高いのです。ルールが厳しく子供を抱き上げて入れては駄目。規定の1分以内に全部入れる事が出来ず、敗者復活戦では全部入れる事に成功したものの、あえなく敗退。私はこれの応援で帰るつもりが6人は次から次に競技に参加するので私もお付き合い。

      2395

弓道にも参加。女子は胸当てを着用。(3歳でも女子ですの)

      2413

カローリングにも参加。私はこれだけを参加。

      2387

グラウンドゴルフも楽しみました。その他、テニス、ストラックアウト、スピードボールコンテスト、健康コーナーでは骨密度測定、血管年齢測定などをして頂きました。

      2369

秋晴れの下、沢山の競技に参加出来、本当に意義のある楽しい一日を過ごす事が出来ました。お陰で帰りはグロッキー。

よさこいえびな彩festa

最近はどこの街でも「よさこい祭り」が行われています。今日、買い物に行きましたらやはり海老名でもやっていました。老若男女どのチームも元気いっぱい、それは楽しそうに踊っています。何方も明るくとても良い顔です。このfestaの始まりは徳島の阿波踊りに対抗して高知で始まったそうですが、今や全国区になりました。条件は鳴子を手に「よさこい鳴子踊り」と言う曲の1フレーズをどこかに必ずいれれば、作曲、振り付け、衣装はすべて自由!だそうです。

      2365

七重の搭の前にて開場の準備。

      2368

一番乗りは厚木からの出場チーム、結成9年。振っている旗の大きい事。

      2367

出番を待つグループ。待つチームの人たちの衣装がとても華やか、まさしく「彩」  

   

あちらも、こちらもハロウィン

孫のピアノのレッスンにお供をしました。先生のお宅もすっかりハロウィンの飾り付けがされていました。先生は行事の度に玄関、お教室は素敵に、可愛く雰囲気満点になります。

       2376

ハロウィンコンサートのプログラムの台です。

       2378

片隅には紅葉の葉に蜘蛛の糸が絡まっています。

       2377

壁の上部にはディスプレイの蜘蛛がおあします。この蜘蛛の糸はアメリカには昔から市販されていたそうですが、最近は日本にもあるそうです。私も早速買わなくては・・・・・。

       2379

ピアノの下には缶にトールペイントが描かれています。

       2373

       2375

仲間の小学3年生の児童が、夏休みの課題で制作した「ピアノの仕組み」これを作ろうと思ったきっかけは、以前先生がピアノのハンマーを交換した時一本のハンマーを貰った事だそうです。上の写真が完成した物です。夏休みには浜松のヤマハ楽器博物館まで出掛けて勉強したとの事。結果は音が出なくて悲しかったようです。でも工夫してこれだけの物を作った事に拍手。

       

路傍の花

少し暑いような、爽やかな今日、三ツ境の病院へ。予約時間が午後2時なので、その前に横浜高島屋へ買い物に。病院は注射だけなので、すぐに終わりました。バス停付近をブラブラして、道端の花や木の実をカメラに納めました。

       2366

       2367

       2369

       2370

       2368

               2371

       2372

何気なく通っている道にも数多くの愛らしい花や実が一生懸命息づいています。モクモクとひたすら目的地を目指すだけでなく、少しのんびり、キョロキョロ脇目をふりふり歩く事を心掛ける事にします。

和食

今日、と思いきや、もう時計の針は6日になっています。相変わらず夜型人間です。5日はピアノレッスンの日。帰りのランチは前から行きたいと思っていた和食のお店。ここは人気の店でなかなか予約が取れません。案の定満席でした。

      2361

道路から見た店。

      2363

店はこの「山手トンネル」の手前にあります。思わず撮っちゃいました。

      2362

ご飯はこの土鍋で炊いてそのままテーブルに出ます。私たちは一番安価なコースを注文しましたので、白いご飯でした。その上のコースからは炊き込みご飯です。どちらのご飯も残ったら「おむすび」にして持ち帰る事が出来ます。

      2364

デザートはキウイ入りのリンゴのジュレとショコラ羊羹の2種。これも値段によって数が増えます。

      2365

バスを降り、家に近づきましたら「キンモクセイ」の香りが漂ってきました。庭には2本のキンモクセイの木があります。これは次男が子供の頃香りが大好きで欲しいと言い植えた木です。

ハロウィン第二弾

好天気につられて朝から庭の草取り、3時間程ひたすら草をむしったり、枝を払ったり。蚊取り線香を側に置いているにも関わらず蚊が顔の周りをフワフワと。でも線香のお陰か全く刺されず幸せでした。数年前にピアノの師匠ミホリンに頂いた「何とかジャスミン」が何と3メートル程に伸びていたので、蔓状の枝を払い小さいリースを作りました。普段は仕事の後、家に入ったらソファーにゴロリなのですが、リースを作ったからには何かに利用せねば。寝ている暇はありません。早速ハロウィンのオーナメントを作り、リースに取り付けました。

       2358

玄関の横に飾りました。孫娘は少し淋しいのではと言いますが、私にはこの素朴さが気に入っています。

       2359

       2360

毎年飾っている古い物です。次々と年中行事があり、とても楽しい私です。

ハロウィン

昨日まではぐずついたお天気でしたが、今日は久々の好天気。ショッピングセンターでパンを買って、隣りの店を覗いたらハロウィンの飾り付けがしてありました。早速帰宅、少しですが私も飾ってみました。

       2354

モロゾフの店です。オレンジ色は実に目立つ色ですね。

       2357

例の如くモビールはハロウィン。

       2356

トイレは秋模様にハロウィングッズを加えてみました。明日は外回りをハロウィンでかざりましょう。

庭の花

今日は暇が沢山あったので、そうだ、骨董市で買った火熨斗に花を飾ろうと思いたち庭に出て行きました。それには「夏雪かずら」しかない。

       2350

       2351

玄関ドアの横にぶら下げました。うん、なかなか良い。

       2353

鳥が運んできてくれた実生の万両。去年から実がなるようになりました。今年は沢山の実がなっています。これは玄関先に置いてあります。実が赤くなり、お正月用に持ってこいの飾りになるでしょう。楽しみです。午後からは小さい孫二人が遊びに来ました。3歳の孫娘は兎に角愉快な子ども。何かしらのOO語録を残していきます。今日は「トイレを貸してくれる?」夕食の時には、二階のママが面倒をみてくれていました。「美味しいね」と言うのにママが「嬉しいわ」と答えると「これは二階のママが作ったのではないでしょう?」と。私が作った夕飯でした。来る度に面白い事を言います。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »