« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

スムージー

1週間程前に、夫が奥歯を抜きました。1年ほど前にスルメを噛んだとき、カキッといったらしい。でもその時はスルメの切れた音と思ったようです。最近になり、その歯が痛むので歯医者へ行き、縦にひびが入り抜く事に・・・。抜いた後は堅い物は噛めないと言うので、お粥を作っています。今朝からはようやく普通のご飯になりました。直後から野菜が採れないので、スムージーを毎朝作り飲んでいるのです。以前購入した「ソロブレンダー」を重宝しています。 

    Dscn1233

大きく見えますが、実はソロと言う事で1人前のジューサーです。かなりのコンパクト。毎朝、バナナ、リンゴ、セロリ、小松菜等々を入れ牛乳を加えてガァーと混ぜれば出来上がり。中々美味しいのです。これだけでお腹がいっぱい!これからはズーッと続けるつもり・・・。

ハロウィン

街を歩いていると、何処も彼処もハロウィン。

    Dscn1096_3
先日ランチを頂いた桜木町のホテルのロビー。ここのロビーは何時も素敵なお花がディスプレイされています。

    Dscn0902
秦野のお蕎麦屋さん。

    Dscn1225
    Dscn1227
    Dscn1229
以上は我が家のハロウィン。一番下はキャンドルです。
一番上は全部100円ショップ「ナチュラルキッチン」にて購入。

    Dscn1230
    Dscn1231
本来庭に掛けている物ですが、狭い庭は足場でいっぱい・・・。数年前まで、あまりハロウィンの飾りは無かったと思います。

ゆっくり台風は間もなくやって来るのでしょうか・・・。被害の多い地域の方々には心からのお見舞いを申し上げます。秋晴れが待ち遠しいsun

水曜花レッスン

一ヶ月って経つのが早いです。もう水曜花レッスン。

    Dscn1209
今日は器を新しく用意して頂きました。シルバーの素敵な器です。花材もそれに合わせて大変豪華。グロリオサ、サンダーソニア、ガーベラ、オンシジューム、オーニソガラム、トルコキキョウ、アンスリューム、グリーンスプレーマム、レモンリーフ、ミスキャンティーの10種類。デザインはホリゾンタル。来月はもうクリスマス用の作品を作るようです。

マークスイズみなとみらい

台風の影響でしょうか、風雨の強い中、長男夫婦と孫娘と4人でみなとみらいへ買い物に行って来ました。買い物の途中、ランチにしようとクインズスクエァーへ・・・。大好きなイタリアン「ペシャドーロ」でスパゲッティーを食べました。その後またマークスイズへ戻る途中で「フラワーデザイン コンテスト Queen’s Cupなる催しをしていました。

    Dscn1194
真剣な表情で制作に取り組んでいます。
    Dscn1206
    Dscn1197
    Dscn1205
    Dscn1208
素敵な作品がいっぱい!

    Dscn1204
    Dscn1203

アニメのキャラクター「はなかっぱ」と「ももかっぱ」のお二人さんも応援に駆けつけていました。子供たちに凄い人気です。中々一人になってくれません。

コンテストの結果は見ずに先を急ぎました。全員、大した物を買えませんでした。

市民音楽祭

16日はメディカルでの診察日でしたが、採血を済ませたところで、主治医が台風の影響で、電車が動かず、何時病院に来られるか分からない。・・・と、そこへ連絡が入り19日に改めて予約を取り直して欲しいと言う事になりました。改めて本日受診しました。帰るやいなや、午後は隣りの市の市民音楽祭を聴きに行きました。月曜花レッスンの仲間の方がギターアンサンブルに出られるので聴きに行く事になりました。途中からでした。女性コーラス、独唱、三曲音楽(琴・三味線・尺八)ハーモニカ、マンドリン、ウクレレ、ギター、混声合唱と種々多様の演奏会でした。皆様、ステージの上でとても楽しそうに演奏をなさっていました。感動したのは障害を乗り越え、音楽を楽しむ男性の演奏でした。彼のピアノ伴奏で3曲を歌い、最後には彼の独演で「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」。とても力強い演奏でした。地域の方々の援助が素敵でした。これぞ、市民音楽会!

    Dscn1187    
8名のメンバーで演奏している、花仲間のギター演奏です。

足場

昨日、家の周りに足場が組まれました。流石に鬱陶しいです。でも夏場でなくてよかった!洗濯物干しもままならず。

    Dscn1170
家は、こんな風に足場とネットで覆われてしまいました。
    Dscn1171
階段の取り付けられた箇所には「立ち入り禁止」の札が・・・。
    Dscn1172
居間の窓の外にはガッチリ足場があり、囲われて「外出禁止」と言われている様です。大体一ヶ月程の工程だそうです。少し滅入っちゃうかな?でも、工事は外回りですので、留守をしても平気・・・。

台風一過

昨日から今朝にかけての台風で皆様のお宅では被害はありませんでしたでしょうか?大型台風と言う事で、少し前から飛ばないように、倒れないようにと準備万端整えておいたからか、窓を開けた時は何事も無く良かった!と思う間もなく、新聞を取りに出たら、何と自転車用の物置が一個道路に倒れ込んでいました。後は何時もの事乍ら、家の周りは落ち葉の絨毯。ささやかな被害と言えば被害かな?

    Dscn1160
    Dscn1163
    Dscn1165
こんな素敵な置き土産もありました。近くの小学校の校舎の上に大きな、大きな虹が架かっていました。見ている間にだんだん薄れていきました。
    Dscn1153
オマケにこんな1枚も・・・。
今日は市内の小学校、中学校は休校になりました。

あ~ア また休み癖・・・

ここ数日、庭の片付けで忙しかったのです。実は屋根の改修と外壁塗りを今週から始めます。そのための片付けです。足場を設置するために邪魔な植木鉢を移動したり、大きい木を抜いたり。その他、自転車の小屋を移動、物置も移動したりともう大変!

    Dscn1147
こんなゴミ袋が十数個。

    Dscn1146

四角いブロックにはまっていたヤマブドウの根っこ。ブロックを割ったらそのままの形で抜けました。別の場所に植えました。きっと根付くと思います。根付くと良いなぁ!

    Dscn1150
たわわになったザクロ。これも枝を沢山切りました。
    Dscn1152
同じく、柿もたわわに実りました。
ヤマブドウ、ザクロ、柿は絵を描く友人が毎年楽しみにしています。後はゴミを出すのみです。良く頑張った!

ビーズのお稽古

完璧に秋になったと思いきや、この数日の暑さは何なの?然も、蒸し暑い!台風も近づいている様子、近辺の皆様に災いがないように念じております。

    Dscn1132
チョーカーを作りました。と言っても、未だ途中。これは先生の作品です。私たちは半分ほどしか出来ていません。簡単そうに見えますが、大変なのです。写真では分からないと思いますが、細かいビーズが入っているのです。ビーズはとても細かい作業ですが、お仲間の方々はそこが好きな様です。

又々旅行

9月、10月は旅が多かったです。伊勢に始まり、奥能登、そして昨日、今日は横浜の一泊二日の旅。お花の仲間総勢6人の旅でした。宿泊は「ニューグランドホテル」老舗のホテルですね。ディナーはホテル近くの「アルテリーベ」此所はもう30年程前に1度行きました。久々行ってみましたら、場所が移動していました。

    Dscn1099
外観。フラッシュをたけば良かった。
    Dscn1100
    Dscn1101
    Dscn1102
    Dscn1104
    Dscn1105
    Dscn1106
    Dscn1107
    Dscn1108
    Dscn1109
あらあら、沢山食べた事!一番下の器はガラスの器のサイドに店の名前が入っています。おしゃれ!(でも、逆さま!)

    Dscn1115
仲間の一人がお誕生月でしたので、こんなデザートが・・・

    Dscn1112
ヴァイオリニストがテーブルに来て、お祝いの曲を奏でてくれました。3人の演奏家が素敵な音楽を演奏して下さいました。ピアノ、チェロ、ヴァイオリンです。ルーマニアからいらした方々です。リクエストを言って頂いた私はシューベルトの「セレナーデ」をお願い致しました。

    Dscn1123  
    Dscn1128        

因みにメンバーの面々。快く写真を撮らせて下さいました。お二人は先にタクシーでホテルへ。

    Dscn1129
ホテルの中庭

    Dscn1130
帰りに高島屋のフルーツの髙野で美味しい「クリームあんみつ」を頂いて、電車にて家路につきました。

まだまだ、沢山の楽しい事がありました。然し、長~くなるので・・・・。例えば、夜の山下公園でのハプニング等々。
    

いよいよ奥能登3日目

ホテルのチェックアウトを終え、ヤセの断崖、義経の舟隠しを見ました。

    Dscn1054
    Dscn1060
上のヤセの断崖は松本清張「ゼロの焦点」の舞台担った場所。下は義経が舟を40余艘隠したと言われています。こんなにも狭い場所に沢山の舟が隠されていたとは??

    Dscn1078
世界一長いベンチ。460M、1432人が座れるベンチ、ギネスにも登録されています。

次は能登金剛厳門。日本海の荒波が生んだ貫通同門、遊覧船で見学しました。

    Dscn1083
    Dscn1086
上は歩いてみた同門。下は遊覧船から見た同門。

    Dscn1085
こちらの同門をくぐり舟乗り場に行きます。
この後千里浜なぎさドライブウェイへ。粒子の細かい砂が作るドライブウェイ。砂浜に海水で濡れるとコンクリートのように堅くなりバスも走れます。世界で3カ所しかないようです。
約8KM。

    Dscn1088
最後の見学場所は世界遺産の「五箇山合掌集落」白川郷に比べると規模はやや小さい。

感動の旅と銘打った2泊3日の旅は終わりました。時にはツアーも楽しいですね。何と言っても、フリーですと、ガイドブックを読んだ事、現物を見た事しか分かりませんが、ガイドさんが付くと逸話、民話その他諸々が知識となります。

昨日の続き

さて、二日目を思い出し乍ら・・・。先ずは、輪島塗の工房の見学。工程の説明を受けました。やはり、高価な物は当然乍ら工程の経過が長いと言うか、人の手がかかります。。最後の仕上げの塗りは、埃が出ないように締め切った部屋で行われるようです。そこは見学はガラス戸越しに。箸を買いました。

次は一番行きたかった「白米の千枚田」

   Dscn0954
海に流れ落ちるような傾斜。千とも2千とも言われる枚数ですが、実際にはそれ程多くの田があるようです。小さい田は座布団程の大きさです。季節によっては、ランプを点したり、イルミネーションが飾られたりするそうです。オーナー制度がとられているとか。

今度は「上時国家」を見学。平清盛の義弟平大納言時忠の子時国が28年を要して作られたのです。

    Dscn0963
丁度、茅葺きの屋根の葺き替えがされていました。職人さんも少ないようですね。
    Dscn0960
当時の精米器。
    Dscn0959
神仏混交神棚。棚の下方の3個の蓮の花は仏を表しています。

珠洲製塩を見学。

    Dscn0969
揚浜式製法
    Dscn0971
流下式製法
    Dscn0973
最後に平釜で仕上げる。
塩作りも大変な工程があります。大切に使わなければ・・・。

次は「禄剛崎」
    Dscn0985
断崖の上に建つ白亜の灯台。水平線が何と、180度以上の角度で見えます。快晴の日には、立山連峰、佐渡島が遠望出来る様ですが、快晴にも関わらず見る事は出来ませんでした。

    Dscn1031
珠洲岬の空中展望台から下を見る。
    Dscn1027
展望台の下にある「ランプの宿」地震、津波の時は怖いでしょうね。
    Dscn1033
    Dscn1030
ここはパワースポットの1つ。白い線が寒流と暖流が交わっています。この時にパワーを感じるようです。見える事しか信じない私には無理・・・。

    Dscn1038
    Dscn1044
二日目の最後は軍艦島(見附島)弘法大師が佐渡から能登へ向かう折最初に目に付いたと言われているそうです。軍艦の舳先に似ている事から、軍艦島と言われているそうです。

あとはひたすらホテルへまっしぐら。

今宵のお夕飯は和食+ズワイガニが1っぱい付きました。

    Dscn1049
大変美味しく頂きました。ご馳走様でした。

一日中バスでの移動はさすがに疲れます。バスではぐっすり寝る事が出来ました。
    

奥能登感動の旅

タイトルを銘打った二泊三日のツアーに参加しました。夫と行ったのですが、夫婦共々ツアー参加は初めて(多分)東京駅から新幹線(グリーン)にて上田駅まで。そこからはバスを利用。先ずは「瑞龍寺」を見学。山門と法堂は富山県唯一の国宝です。

    Dscn0915
    Dscn0916
山門を額縁に見立てて奥を覗くと美しい。総門、山門、仏殿、法堂が一直線に配列されている。随分前に北京の故宮を見た時はここよりもず~と長い一直線に建造物が配列されていました。

    Dscn0917
芝生の緑に建物が映えます。多くは砂利ですね。
    Dscn0921
法堂

瑞龍寺は富山県唯一の国宝です。加賀二代目藩主前田利長公の菩提を弔うため、三代目藩主利常公によって建立された寺との事。ご住職様が案内をして下さいました。それがすこぶる面白い!今風に半沢直樹が出てきたり、安倍総理が出てきたりと・・・。会話調になると、声色を変えての熱演ぶり。

瑞龍寺を後にして、高岡駅からは「氷見線」に乗り海越しに立山連峰を望むはずが、雲が多く見えませんでした。(とても残念!)一日目はこれにて・・・。

ツアーは個人旅行では味わえない良いところが沢山あります。富山の薬売りの話から、車窓から、目に付いた「またたび」を見ながら、昔、弘法大師が旅の途中、体調が悪くなり、側にあった「またたび」の実を食べ、また元気に旅を続けたとの事から名が付いたようです。ガイドさんのお話は楽しく聞き入ってしまいます。2日目はまた明日。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »